ニキビ コスメ 身体 二の腕

二の腕ニキビ

露出する機会も多い二の腕という部分ですが、ここに発生するブツブツに悩まされる人が少なくありません。
これをニキビと考える方もいらっしゃいますが、実はこれはニキビではなく、「毛孔性苔癬」や「毛孔角化症」と呼ばれる症状になります。
ですが、ニキビケアと根本的には同じ考えで対策していくことが可能な症状であると考えることができます。

 

二の腕ブツブツの原因

二の腕のブツブツの原因は、単なるニキビ悩みよりも複雑な場合が多くなっています。
例えば子供の頃からブツブツがあるという場合には、これは遺伝が関係しているということもあり、専門医に相談した方が良いと言えます。

 

ですが、中には10代~30代頃に現れるものもあり、これにはホルモンバランスの乱れや代謝の乱れが原因となっているということが分かっています。
二の腕の角質がうまく代謝されず、古い角質が毛穴を詰まらせるため、これが原因でブツブツを発症してしまうということですね。

 

これらの原因を考えると、遺伝を除けば、代謝の促進やホルモンバランスの乱れを整えるといった点で、ニキビと共通した対策が有効であると考えられます。

 

二の腕ブツブツの対策法

二の腕ブツブツの対策法として、まず大切なのは、お肌をしっかり保湿ケアすることです。
ターンオーバーの乱れによって角質が固くなると、二の腕にニキビ状のブツブツが起こりやすくなります。
そこで、しっかり内側から保湿ケアをしていくことにより、肌のターンオーバーを促進して柔軟性を保ちましょう。

 

ターオーバーが促進されれば、毛穴が詰まりにくくなり、ブツブツの症状が起こりにくくなります。
また、時には本当に細菌感染によるニキビが二の腕に起こることもあります。
その場合は炎症が起こってきますので、赤くなり、痒みや痛みを伴うこともあります。
これを防ぐためにも、二の腕をしっかり保湿ケアして健やかに保つことが大切ですね。

 

二の腕のブツブツケアの注意点

二の腕のブツブツをケアする際には、注意すべき点がいくつかあります。
まず、洗浄です。ニキビやブツブツがあると、キレイにしなければならないと考え、必死でゴシゴシしてしまうことがあります。ですが、これは肌を傷つけ、症状を悪化させる原因になるので、決して行ってはなりません。

 

優しい泡で、力を入れずに丁寧に洗浄することを心がけてください。

 

それから、ブツブツがある時には極力、紫外線にも当てないようにしましょう。
夏場などは露出する機会が多いですが、できるだけ袖のある洋服で隠してください。
紫外線により、皮脂が酸化すると黒ずみのあるブツブツになり、見た目にも良くありませんし、色素沈着が起こる原因にもなります。

関連ページ

お尻ニキビ
お尻にできてしまうニキビに頭を抱える方は少なくありません。この部分のお肌は、想像を絶する過酷な環境に日々、さらされています。そのためにお肌のバリア機能が低下し、ニキビができたり、悪化したりということが少なくないのです。
背中ニキビ
背中は顔の次にニキビが発生しやすい場所、と言っても過言ではないでしょう。背中という部分も、お尻同様に肌がさらされる環境があまり良くありません。そのため、ニキビ菌に侵入されやすく、繰り返すニキビ悩みを抱えてしまいやすい場所なのです。