ニキビ コスメ 身体 お尻

お尻ニキビ

お尻にできてしまうニキビに頭を抱える方は少なくありません。
この部分のお肌は、想像を絶する過酷な環境に日々、さらされています。
そのためにお肌のバリア機能が低下し、ニキビができたり、悪化したりということが少なくないのです。

 

お尻がさらされる環境とは?

お尻という部分は、常に下着で覆われていますね。
さらに下着の上から衣類を着用することで、多くの方が、常に2枚程度の布をまとった状態にしてあります。そのため、非常に蒸れやすく、肌がデリケートになってしまいやすい部分です。

 

また、座り仕事などをしているとお尻を圧迫する状態が続き、これにより血行が悪くなり、代謝が落ちます。そうしてお尻の肌は黒く硬くなってしまい、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

 

しかもお尻を意識的にスキンケアしているという女性は非常に少なく、お肌が乾燥してガサガサ状態ということも少なくありません。
その上、乾燥してバリア機能が低下したお肌に、下着などによる摩擦が加わる、といった劣悪な環境にあるのです。

 

バリア機能低下中のお肌に雑菌が侵入!

劣悪な環境にさらされているお尻のお肌は、肌表面を外的刺激から守るバリア機能が低下してしまっています。そのため、雑菌などが侵入しやすく、トラブルも発症しやすい状態になっています。これが原因で、ニキビが起こることもあるのですね。

 

しかもお尻は、ニキビができても皮膚科を訪れるのに抵抗を感じてしまう部分です。
後ろ姿なので初期に発見するのも難しく、悪化してしまうケースも少なくありません。

 

お尻ニキビの徹底予防を!

そんなお尻ニキビは、毎日のスキンケアでしっかり予防してあげることが重要です。
お尻のスキンケアとして、大切なポイントは2つです。
まず、きちんと洗浄して清潔を保つこと。
そして、しっかり保湿してバリア機能を維持することですね。

 

優しい泡で丁寧にお尻を1日1回洗浄し、その後には保湿ケアをきちんと行うことで、バリア機能を維持しましょう。
潤いで満たされれば、肌のターンオーバーも促進され、ニキビが発生しにくくなります。

 

それから、下着を選ぶ際にも、デザインだけでなくニキビ予防の観点に立って見てみてください。お肌に優しい素材でできているか、蒸れにくいかといった点に気を付けて下着選びをするだけでも、お尻がさらされる環境は改善されるのです。

関連ページ

背中ニキビ
背中は顔の次にニキビが発生しやすい場所、と言っても過言ではないでしょう。背中という部分も、お尻同様に肌がさらされる環境があまり良くありません。そのため、ニキビ菌に侵入されやすく、繰り返すニキビ悩みを抱えてしまいやすい場所なのです。
二の腕ニキビ
二の腕に発生するブツブツに悩まされる人が少なくありません。実はこれはニキビではなく、「毛孔性苔癬」や「毛孔角化症」と呼ばれる症状になります。ですが、ニキビケアと根本的には同じ考えで対策していくことが可能な症状であると考えることができます。