ニキビ コスメ 身体 背中

背中ニキビ

背中は顔の次にニキビが発生しやすい場所、と言っても過言ではないでしょう。
背中という部分も、お尻同様に肌がさらされる環境があまり良くありません。
そのため、ニキビ菌に侵入されやすく、繰り返すニキビ悩みを抱えてしまいやすい場所なのです。

 

背中ニキビの原因

背中という部分は、とても汗をかきやすい部分ですよね。
また、顔のように汗をこまめに拭き取るということが行えない、手の届きにくい部分です。
そのため、汗をかきっぱなしにすることで雑菌が侵入し、ニキビなどの肌トラブルが発生しやすくなります。
特に就寝中には背中に寝汗をかくケースが多く、これがニキビの大きな原因となっていることが多いのです。

 

それから、髪の毛が刺激となって起こることもあります。
毛先がチクチクと背中に触れるロングヘア―の場合には注意が必要です。
さらに、この髪を洗浄するのに使用するシャンプーが背中に残り、シリコン成分が毛穴を塞いで発生するケースもあると言われています。

 

また、背中は常に衣類に覆われた部分ですので、この衣類に残っている洗剤などが刺激となった時にも、ニキビが起こることがあります。
このように、背中ニキビには意外と身近なところに原因がありますので、誰が発症してもおかしくないものである、ということが分かりますね。

 

背中の保湿ケアをきちんと!

そんな刺激たっぷりな日々を送る背中ですから、その刺激に負けないような肌作りをしていくことが、ニキビケアの重要なポイントになります。
手が届きにくい背中という部分は、どうしてもスキンケアを怠ってしまいがちです。
工夫しながら、毎日の保湿ケアでバリア機能を維持し、ターンオーバーを促進していきましょう。

 

例えば人気のある背中ニキビケア用の化粧品、ジュエルレインなら、ジェル状で背中にも塗布しやすいテクスチャーとなっています。
こういったものを上手に活用すれば、ストレスなく背中のケアができますね。

 

背中ニキビの原因を無くそう!

背中ニキビを予防・改善するためには、できるだけ原因となるものを取り除く働きかけも必要です。そこで、まずは衣類に着目してみましょう。
吸汗・速乾性に優れた衣類を使用し、汗をかいたらできるだけ、すぐに着替えるようにして、清潔を保ちます。
これだけで背中がさらされる環境が改善され、ニキビが起こりにくくなります。

 

それから、衣類を洗濯する際の洗剤も、できるだけ低刺激で安心なものを選びたいですね。
そしてもう1つ、忘れてはならないのが、ヘアケアの見直しです。
できるだけノンシリコンのシャンプーなどを選択し、背中の毛穴にシリコンを詰まらせないようにしたいですね。

 

繰り返す背中ニキビに悩まされる方は、思い切って髪を切ってしまうのも良いでしょう。
毛先による刺激が無くなり、シャンプーしても背中にまとわりつきにくくなるので、ニキビの原因を一気に減らすことができますね。

関連ページ

お尻ニキビ
お尻にできてしまうニキビに頭を抱える方は少なくありません。この部分のお肌は、想像を絶する過酷な環境に日々、さらされています。そのためにお肌のバリア機能が低下し、ニキビができたり、悪化したりということが少なくないのです。
二の腕ニキビ
二の腕に発生するブツブツに悩まされる人が少なくありません。実はこれはニキビではなく、「毛孔性苔癬」や「毛孔角化症」と呼ばれる症状になります。ですが、ニキビケアと根本的には同じ考えで対策していくことが可能な症状であると考えることができます。