ニキビ コスメ 種類 対策 黄色ニキビ

黄色ニキビ

ニキビが最終段階まで悪化してしまうと、黄色ニキビと言われる種類になります。
この黄色ニキビになってしまうと、ニキビ自体が治癒したとしても、その後のお肌に大きく影響してしまう恐れがあります。
できれば、この段階に来るまでに、しっかりケアして改善してしまいたいものですね。

 

黄色ニキビとは?

黄色ニキビというのは、赤ニキビの炎症がさらに悪化してしまった状態です。
ニキビの中に膿疱と呼ばれる膿が溜まるようになり、黄色く見えるようになります。
この状態まで発展すると、周辺の皮膚組織を破壊してしまうという恐ろしいケースもあります。
そうして影響が真皮に達すると、クレーターと呼ばれるニキビ跡が残ることもあるのです。

 

真皮に達した影響は、治療をして改善される可能性は低いとされています。
そのため、この状態になる前にきちんとケアしておかないと、ニキビ跡が一生ものの悩みになってしまうリスクが高い、というわけですね。

 

黄色ニキビは迅速に治療を!

黄色ニキビは、アクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌も発生し、増殖している状態になります。
そのため、炎症の広がりが非常に早く、あっという間に真皮層にまで達してしまう恐れがあります。黄色ニキビになったら、あるいはその前の段階で、できるだけ早く治療を受けるようにしてください。

 

また、溜まった膿を気にして自分で潰してしまうと、大きな跡を残してしまうリスクが高まります。自分では触らずに、専門家の治療を受けることが必要な状態です。
皮膚科に行けば、抗生物質などの処方を受けて炎症を鎮めることができます。

 

この段階まで来てしまった場合には、自己判断のスキンケアに頼るのではなく、医療機関での治療を受けることを考えてください。

 

黄色ニキビが起こる前にスキンケアで予防!

黄色ニキビに発展してしまったニキビは、もはや素人の手には負えないもの、と考えた方が良いでしょう。医療機関での正しい治療を受けなければ、改善するのに時間がかかり、その間にますます炎症が格段して広範囲に影響を及ぼしてしまいます。

 

そのため、どんなに人気があって効果的なニキビケア化粧品でも、太刀打ちできないと判断してください。そこで重要になってくるのが、黄色ニキビになる前のケアです。

 

ニキビケア化粧品の中には、ごく初期の段階でニキビを改善する効果に優れたものが多数あります。そういったものを活用して、肌のターンオーバーを促進したり、ホルモンバランスを整えたり、皮脂の過剰分泌を抑えながら、初期段階でニキビを撃退してしまいましょう!

関連ページ

ごく初期のニキビ
ニキビは進行の状態によって、種類が違ってきます。ごく初期のニキビは角栓の状態で、この時点で正しく対処していけば、悪化してしまうのを防ぐことができるのです。
白ニキビ・黒ニキビ
角栓状態の初期段階から一歩進むと、白ニキビと言われる種類に変化します。また、中には皮脂が酸化した状態で黒く見える黒ニキビになるケースもあります。ですが、まだ初期の段階ですので、正しいケアをすればキレイに改善することも可能です。
赤ニキビ
白ニキビ・黒ニキビの状態がさらに進行すると、赤ニキビと呼ばれるものになります。ここまで来ると、ニキビもやや深刻な状態になりつつあると言えるでしょう。できるだけ迅速に対処して、それ以上の悪化を防ぐようにしてください。